40代で早期退職した市役所の「元・中の人」がお届けします

40代で早期退職した市役所の「元・中の人」がお届けします

辞めてわかった!17年間勤めた地方公務員のリアルとその後

本当は怖い!?地方公務員のリアル(仕事編その2)

どうも、元・中の人です。 
17年間市役所の一般事務職として勤めた元地方公務員のリアルについて、(守秘義務に反しない限りにおいて)お伝えしていきますね。続いて、仕事編その2です。

業務外支援という名のお手伝い

仕事編その1で、「市町村役場は総合商社のようで、異動はちょっとした転職のようだ」と解説しました。motonakanohito.hatenablog.com
しかし、特に部署異動がなくても、繁忙期に他の部署への応援という形で手伝いに回ることは珍しくありません。一般的には「業務外支援」や「業務援助」、「他課支援」などと呼ばれ、事務仕事から肉体労働までそれはそれは多岐に渡っていましたね。
f:id:panzerfrontbl:20171208195540j:plain
私の勤めていた市役所では、(比較的イレギュラーなものを除いて)ざっと思いつくだけでも以下のようなものがありました。
・選挙事務(選挙管理委員会という組織はありますが、基本的に常駐の人はいません。選挙の時だけ編成され、選挙事務を行っているのはほぼ全て市町村役場の職員なんですね)
・災害対応処理要員(台風だ!地震だ!大雪だ!大雨だ!と、そのたびに深夜でも班編成で招集がかかりましたね)
・課税申告援助
・夏祭り等の各種大型イベントの運営補助(毎年何回もある!イベントやりすぎだっての!)
・側溝、排水路の点検作業
・青色防犯パトロール
・遊休公有地の草刈、清掃作業
・大量の保存文書の運搬・廃棄作業
・福祉部門の定例の申告書や通知の発送業務 などなど
これら、「業務外支援」の依頼がくると各部署で交代制で人員を派遣して、対応にあたります。ですから、異動せずともなんとなく他部署の仕事を体験できたりするのですが、肉体労働系は、とにかく青あざ・擦り傷が絶えなかった記憶がありますね。

「ご近所付き合い」という名の地域活動、ボランティア活動

地元密着型の市町村役場の地方公務員にとって、休日は必ずしもプライベートが保てるとは限りません。「ご近所付き合い」という名のもとに、さまざまな地域活動、ボランティア活動への参加が(半ば強制に)求められるケースが多々あるんですねぇ。
f:id:panzerfrontbl:20171208195819j:plain
例えば、町内会・自治会などの役員や、消防団活動、美化清掃などの市民ボランティア活動、商店会や商工会、スポーツ少年団や体育協会の活動・・・あげたらきりがないですが、「○○さんは地元の役場に勤めてるからさぁ。(やってくれるよねぇ)」というご近所の無言(有言)の圧力により、結構な頻度でそのような無給(無休)の活動が求められることも少なくないんですよ。また、「○○さん、役場に行ってるんだから」と、行政(だけじゃなくて国とかも)に対する不平不満や要望を受けることも多かったですね。仕事とプライベートをきっちり分けたい人、「ウザいわー」って人にはやはり向かないですね。

「憎まれこそすれ、感謝されることはまずない」のが地方公務員なので、職員側は窓口に来る数多くのお客さんの一人としか認識していなくても、お客さん側は窓口の職員をよく覚えているものです。休日に、地元の街中で「あ、あの人、市役所の○○課の人だ」なんて声をかけられたり、後ろ指を差されたことだってありましたから。

一つだけ、これを避ける有効な手段があります。それは、自分の勤める市町村とは異なる自治体に住むということです。ただ、田舎になればなるほど、自治体の規模が小さくなればなるほど、職員数が少なければ少ないところほど、地元に住むことが条件になっていたり、暗黙のルールとなっていたりするところもあり、実現は難しいかもしれませんね。ちなみに私は、17年勤めたうち10年は地元に住み、その後隣の自治体に引っ越ししました。理由は・・・言わずもがなですね。

名刺や文房具類は自分で用意しろ!

小ネタになりますが、民間経験者にとってはびっくりなのが、市町村役場ではどこも大体名刺は用意してくれないことでしょうか。部署によってもその使用頻度は異なるのですが、やはりまったく名刺を使わないというわけでもなく、実際はそこそこ使いました。でも、用意してくれないんですよねー。なので、自腹で作成するのがスタンダードでしたね。(国の省庁に勤める友人がいますが、やはりお手製でしたので、自前名刺というのは、全国的な公務員の傾向なのかも?)
f:id:panzerfrontbl:20171208195927j:plain
よく使う人や面倒なのが嫌いな人、ブルジョワな職員は、印刷業者に100枚単位くらいで、異動や昇格するたびに作成依頼してました。私を含み、節約派・自作派は、以下のような感じの手作り名刺用紙を購入して、ワードでちまちま作成して、プリンターで印刷して、カッターできれいに切って・・・ってな作業をしてました。

新入社員に!自社で名刺作成可能!名刺用紙☆プリンターで名刺作成☆■名刺ラベル1000■カード色:白【RCP】

ちなみに、文房具類も自分で使用するものは、ほぼ用意してくれませんでしたね。(私が入庁した際に貸与されたのは、電卓、作業着、雨合羽、長靴一式くらいでしょうか)このあたりは、自治体によって差はあるようですが、仕事で使うのに自前で用意するものは結構ありましたね。